手の防寒対策 〜冬でも釣りを楽しみたい!〜

By: Guy Morris – All Rights Reserved

この季節、春〜夏〜秋の釣りと大きく違うのは、「寒さ」です。夕まずめ以降は気温がグッっと落ち込み過酷な時間に。寒さに加えて風が吹こうものなら、指先は痛いくらいに冷えて、もはや「指あるのか?」と疑ってしまうほど。

アジングやメバリングなどのライトゲームでは、ジグヘッドへのワームの取り付け、スナップを開いたり閉じたりするとき、リーダーを結ぶときと、指先を使う動作が多いうえに、細糸を指先に掛けてキャストする際にもかじかんだ指では操作性が著しく低下してしまいます。

そんな冬の釣りの必須アイテムと言えばグローブですが、最近では素材や形状など選べる選択肢も増えてきたのでいくつかまとめてみたいと思います。

グローブに求めるものは

各社からたくさんでているグローブですが、選ぶ際に気になるのは
(1)生地の素材
(2)生地の厚さ
(3)サイズ感(つけ心地)
(4)防寒性
(5)防風性
(6)耐性
といったところでしょうか。
僕個人としては、手の平が大きい割に指が短いので、サイズ感を特に気にします。指先が余るようなタイプのグローブは使いにくくて敬遠してしまいがちです。

現在のお気に入り

釣具店オリジナルの1枚300円のものから、釣具メーカーの5,000円くらいのものまでいろいろ買いましたが、今私が愛用しているのは「阪神素地 シルバーフォックス CRグローブ SW-739」のMサイズです。

生地の厚さ、密着感、保温性、防風性、コストパフォーマンスと全て大満足で、雪の降るナイトゲームにも単体で使用していますがチタン繊維の恩恵か非常に温かいです。
生地の厚さは、各社から出ているラインナップの中では中間くらい。厚くてゴワゴワすることはないし、薄くて寒いということもありません。
私の手は手首から中指付け根までが11cm、中指付け根から指先までが7.5cmですが、Mサイズがジャストフィットで非常に快適です。私はどちらかというと、ピチっと密着する感じの使用感が好みです。
唯一、耐性は劣ると思います。手の甲側の生地は毛羽立ってきますし、指先や手の平部分は生地が劣化しやすいです。といっても、1枚を2ヶ月〜3ヶ月くらい(週1〜2回釣行)で買い替えて使っていますが、釣行後にはハンドソープでガシガシ洗ってギューッと絞って干すなど、とにかくハードに使っているので、気にするほどのことでも無いと思います。

どうしても寒いときは、重ねてつかう

どうしても寒いときはカルディバのウインターテックグローブの出番です。

生地はフリースで、軽くふんわりとしたつけ心地。保温性に優れていて体温で暖かさが増すのか手に装着した瞬間から温かいです。サイズ感も指の短い僕はMサイズがちょうど。手のひら側はサテンのような薄い生地で素手感覚でロッドが扱えます。ただ非常にサラサラした生地なのでこのグローブをはめたまま車を運転しようとするとハンドルが滑って若干危ない。車内では脱げばいいだけの話ですが。
フリース生地なので保温性能では申し分ないですが、風は通します。また、防水性は期待できません。5本カットタイプなのですが、できれば3本カットタイプも欲しかったところ。
特に気に入っているポイントは手の甲と手首の部分にポケットがついているので、ミニカイロなどを仕込むことができること。当然ですが暖かい。
風対策には、フリーノットの光電子の5本指カットのものをインナーに使っています。重ね使いしてもゴワゴワ感が無いのが良い所です。

ネオプレーン製グローブあれこれ

防水性や防風性が良いだろうと、ネオプレーン製のグローブもあれこれ試しました。最初は釣具店のオリジナルブランドのもので、1枚1,500円程度のものを求めましたが、生地が厚くサイズがフリー1点のみで私の手には少し大きく感じました。ネオプレーン製のグローブは密着感が薄いと手が温まりにくいように思います。フィットしない場合はグローブ自体が冷えてしまって余計に寒く感じるというのが私の感想です。

ダイワのグローブは生地が薄く素手感覚で使用でき快適でした。また手首部分が長いのがポイントで非常に温かいです。価格に見合った性能が感じられました。でも、1枚1,500のシルバー・フォックス製に出会ってからはご無沙汰しています。

モンベルのフィッシンググローブも使い心地がよいです。オススメのポイントは指先がオープン/クローズできる点で、必要なときのみオープンに出来る分、当然ですが温かいです。生地厚は3mmでゴワゴワしません。私はサイズ感があまり合わなくて引き出しに眠っています。

その他の素材では

フリーノットのインナーグローブは冬本番に欠かせません。先述しましたがインナーとして使っています。光電子製品は付けた瞬間から温かいのが嬉しいところ。ネオプレーン製のグローブは内側に汗がたまりやすく、それが苦手という人もいるようですが、フリーノットは基本的に綿なので肌着感覚で使うと良いかと思います。ガンガン洗濯していますが、洗濯で性能が落ちたというような事は感じません。

グローブ以外の防寒策

飛び道具ですが、ぬるホッカイロなどの温感クリームが意外と使えます。

3本カットタイプのグローブなどはカット部分の指だけに塗ったりして使っています。気休め?かもしれませんが、欠かさずやっているので、それなりに実感しているのでしょうか。タックルボックスに1本入れています。

そして、やはりポケットにホッカイロを1個忍ばせておく。指先の感覚回復にはこれが1番です。



よろしければコメントをお願いします。