釣行@西へ。風と雪と。

By: キコ – All Rights Reserved

遠征はダメでもせめて月曜休みは釣り場へいきたい。
と、願いましたがこの日の日本海は浪高3mで渡船利用は断念。今年は寒波の波が絶え間なく釣りもままなりません。峠も凍結してますし、近郊の港をのんびりランガンすることにしました。

最近もイワシの接岸があるようで、陸っぱりからジグを投げるつもりで、車を走らせましたがどこもかしこも波がザブザブ状態で早々に不可と判断。デイメバルなら東へ走るところでしたが、東方面は雨も結構な降り具合だったので西へ走りました。

賀露港から、酒ノ津、船磯、夏泊、泊、羽合とチェックしていきますが、異常なし。全くもって冬の苦手なパターンにドはまりです。なんとか一匹だしてやろうと意地になりますが、なんせ寒くて気持ちが続きません。

特にリーダーの結束となると、手がかじかんで時間がかかります。やっぱり冬はモノフィラメントラインは苦手です。

最終的には雪の残る船磯港について湾内をくまなく打ちましたが、小さなフグが大量に湧いているようでワームがボロボロになってしまいます。日が落ちて寒さも一段と強くなってきたので終了としました。なんとも不完全燃焼な一日となってしまいました。見通しが甘くていけませんね。



よろしければコメントをお願いします。