試行錯誤@サーフ

IMG_4434

 

昨日もサーフへ

子供の送りをしたあとなので、朝マズメには間に合わず、昼前からキャスティングをスタートさせました。

 

海は波がそこそこ立っていて、主要な海水浴場はサーファー達で賑わっていました。

みなさん、おしゃれー。美人女子も多くて非常に良いです(笑)

 

サーファーが居ない浜には釣り師がチラホラ。

こちらはおじ様が中心で花がない(笑)

で、私も花が無い方にエントリーします。

 

前回のサーフ釣行の経験からして、遠浅にヘビーシンキングのミノーは合わないのではないか?

永遠にボトムノックしている状態なので、鳥取県東部ではマッチしないのではないか?

(後に、これは間違いということになりましたが・・・)

と判断したことから、今季はフローティング/スローシンキングのミノーを数本準備していきました。

潜行深度は30cm〜80cm程度。ダイワのショアラインシャイナーなどです。

それから、3インチ〜4インチのワームとシンカー各種も用意しました。

 

ただまだ、この時点でもサカナへの距離は「遠いなぁ〜」といった感じです。

メバリングで言うなら、ワームとプラグと両方用意して、さあどうする?ってレベルなので。

それも、ジグヘッドなのか、キャロなのかも決まっていないという感じ。

先はまだまだ長いです。

 

ミノーで広く探ってみます。

ボトムノックはありませんが、これまでエギングやアジングで縦の釣りばかりしてきたので、

ただ巻きの釣りは、終始ソワソワして落ち着きません。

キャストは随分と小慣れてきて、PE2号を巻いていますが、50〜60mは飛距離がでるようになりました。

ただ、50m飛ばしても、あまり遠くをさぐれている気になりませんねぇ。なんせ海は広いですから。

来週にはPE1号に巻き替えする予定なので、夢の70mを目指したいです。

 

ただ巻きのミノーは落ち着かないので、そうそうにワームへシフトします。

まずは、八武会/ゲンキマンさんのブログで知ったフリーショットリグからスタート。

こちらのリグは、昼食前にちょっと寄り道した地磯でカサゴを掛けまくったので、その威力は確信済み。

IMG_4433

エギングと似たようなフィーリングでリグを操作できるので、非常に使いやすいです。

サーフとのマッチングを期待してキャストします。

結果は、バイトがでます!が、掛けるに至らず。(これは私が下手くそだから)

ワームをフォールさせる為に、シンカーが着底したあとにラインテンションを掛けるのですが、

波が来るたびにバイトと似たような感覚が伝わってきて、非常に悩ましいです。

(これもPEを2号から1号にサイズダウンさせようと思った理由の1つです)

 

その後、テキサス〜ダウンショットとリグを変えて行きますが、

やはり縦の釣りは、波がある日にはバイトが取りにくいという課題ができました。

いろいろな方に聞くところによると、ただ巻きでOKと皆さん口を揃えておっしゃるのですがその理由がだんだん理解できてきました。

波の影響があることや、ベイトがキスやアジなどのミノー系であることからも横の動きで間違いないようです。

となると、横の動きを意識したワーミングに挑戦。

次回の釣行までの課題が見えました。少しサカナに近づいたかなぁ。

 

 

 



よろしければコメントをお願いします。