迷走豆アジング@NT港

9274149064_c2539bc55d_z

 

定例出撃中の金曜夜。いつものNT港へ向いました。

到着は22時半。干潮潮止まりが23時半なのでタイミング的には良いはず。

JH1gにマグバイトサンバで開始します。

のっけから、バイトの連発。でも乗らない。ええ、理由はわかっているんです。

 

あたり一面、10cmに満たない、豆アジだらけ。足下では時折良いサイズのアジが優雅に泳いでいますが、リグには見向きもしません。

0.6gにサンバをカットしてセットすると、バイトの数はさらに増加。当たりも大きくなってなんとか掛けられそうなのですが、乗らない。いや、乗せられない。難しいったらありゃしないんです。

遂に、折れてアシストフックをセット。ぽつりぽつり釣れ出します。といっても、豆なのですが。

やはり、豆アジにはアシストフックが有効だと観念するとともに、これをJH単体で掛ける人は本当に凄いなぁと感心してしまいました。

サビキにメタルジグつけて引いたほうが早いですね。たまたまサビキを持っていなかったのですが。次はやったろう。

 

ひとしきり、豆アジと戯れてグッドサイズアジを待ちますが、一向にその気配はありません。

いや、どうもアジのポイントを履き違えている気がしてなりません。少なくとも、いまこの時期、ここではなさそうです。

良型はまだ沿岸部から離れた場所にいるなんて情報も耳にしました。

となると、他にどんなところがおもいあたるのか・・・

悩みはつきませんねぇ。

 

皆さん、ポイントの開拓ってどうやっているのだろう? やっぱりランガン?

skitch

 

 

全然関係ないけど、最近めっちゃくちゃハマってるせんべい。2ヶ月で5kg痩せないとダメなのに。どうすんねん。



よろしければコメントをお願いします。