キッシング@I港

普段はお休みな月曜日ですが、この日は午後一にアポがあり事務所へ。

朝は静かな中、溜まった作業をささっと片付けて、午後のアポを終えて帰宅すると3時でした。

さて、ここから束の間の休日といきましょう。

20130624171408

お気に入りのキスタックルを携えて、お隣のI港へ。15分ほどで到着します。

奥の堤防は車を乗り入れて数名入っているようです。ちょい投げ?さびき?遠目ではよくわかりませんでした。

北側の大きな堤防からは外海に向けて投げ釣りの方がチラホラ。

ボートでシーバス狙いの方もいらっしゃって平日だというのになかなかの盛況っぷりです。

私は、河川側の堤防へ。河川では砂を掘り返す工事?を行なっているようで、濁りが広がりつつあるところでした。

 

Mキャロ8gにキス早掛け6号、ワームはガルプ!サンドワームです。

外側に向かって1投目、ググっと大げさな辺りで釣れたのは14cmのキスでした。

(写真無くてスイマセン、どうも取りながら釣るの苦手です)

その後は1投1匹で掛かりますが、サイズがどんどん落ちてきます。

12cm以下のキスは掛けるのも大変。ただアタリは止む気配がありません。

 

途中、ゲストもチラホラ。

20130624172722

 

 

フォローの風が強くなってきて、PEラインが持ち上げられます。

こうなるとMキャロが浮き上がるので、リグがなかなか着底しません。

また、軽いトゥイッチでもすぐに浮き上がってしまいます。

ピノキャロへ変更しようかとも思いましたが、面倒なのでくるっと振り返って湾内へキャスト。

ひと目浅いとわかるところでも、12cm〜15cmまでのキスが掛かります。こりゃ楽しい。

リーリングでのリトリーブでは合わせが間に合わないので、やはり竿をサビキくやり方がベストなようです。

ますますアジングと一緒。ただ、アジはなかなか釣れませんが(涙)

 

17過ぎると河川側の方にはアジが入り始めました。目で見えるので解りやすい(笑)

キス針からジグヘッドに変えますが、風が強いのでPEラインではとにかく釣りにくい。

いい加減面倒になったので、納竿しました。

実釣時間2時間半くらいでしたが、小キス15匹ほど釣って楽しめました。

この日は食べる予定がなかったのでリリースです。

 

夜も出撃したくて準備していましが、子どもと一緒に沈没。ほどほどが丁度いいのかも。

 

 

チビクーラーが欲しい今日このごろ。Mキャロはいまのところ8gでFAです。

 

 



キッシング@I港” への2件のフィードバック

  1. 今度ピノキャロもどきでキス狙ってみます(笑)

    そろそろアジもつりたいです(笑)

  2. たぁさん
    アジングタックルの中に、キス針を入れておくと結構楽しめますよ〜
    私も、そろそろアジ釣りたいです(笑)
    もう、アジの引き忘れましたw

よろしければコメントをお願いします。