夜釣行 翻弄されまくり。

写真 (4)

本当に暖かい。昨晩なんかはダウンが暑くてじゃまな程でした。

このまま一気に春になっちゃうんでしょうか?そうなるのは、もちろん歓迎です。

 

さて、昨夜はちょっと変化球をと思って、西に進路をとりました。車で20分のS港。実はあんまり相性よくありません。

11時半頃家を出たので、現場着は0時頃でした。1時間ちょっとくらいの猶予です。

 

1gダイヤモンドヘッドにアジリンガーで1番明るい常夜灯の下からスタート。足下にはイカの子と思われるベイトがうようよ湧いておりました。もの凄い数!

ベイトの下を通るように通すと時折、アタリがありますが乗りません。サイズが小さいのかな?ジグヘッドが重すぎるのかと思って軽くしたいのですが、向かい風が結構強くてキャスティングが難しそうです。フロート結ぼうかと思ったのですが、時間も無いので移動することに。

 

S港にはイカ狙いと思しきルアーマンの方もチラホラ居ました。皆さんテトラから外洋に向かってキャストされているようです。

 

対面へ移動して表層の様子をじっと観察していると、時折ライズが見受けられます。魚はいる様子。ただライズの正体がよくわかりません。結構派手にバシャバシャさせてくれます。ならばと、プラグをセットしてキャスト。スローリトリーブ、高速巻き、フリーフォール、カーブフォール、風と潮流にのせてドリフトと考えうるアクションを入れていきますが、まったく見向きもしてくれません(涙)

そもそもメバルじゃないのか? プラグもリッジからミニマル、TOTO42、ユラメキと変えて行くのですが反応なし。最後にメバペンをミスキャスト(笑)して在らぬ方向に飛んだ際に巻いていたら掛かりました(笑)どないやねん。

しかし正体不明のライズは延々と繰り返されます。魚に足下見られているようで何とかして掛けてやろうと、メタルバイブやら、ジグヘッド、カブラと投げていきますが、バイトすら無く終了。あまりに悔しいのでリベンジ行く予定です。

 

今日は新しく買ったプラグが朝一で届いたのでそれも試しますよ〜

 

 

 

そのプラグとはモンスーンのガスティ50!コスパ最高じゃないですか〜こういうの助かります(笑)

 

 

 

 

 

 



よろしければコメントをお願いします。