13セルテート どこが変わったのかメモ

人生初の腰痛にやられまして、まともに立てません(*´ェ`*)

今まで腰痛ってそんなに大変なの?って思っていましたが、いやいやこれはオオゴトですねぇ。

整形外科へ駆け込んで注射を処してもらったので少しはマシになりましたが、不自由極まりないです(涙)

 

スクリーンショット 2013-02-08 18.10.50

さてさて、フィッシングショー大阪で実際に触ってきたセルテート。となると、もう欲しくて欲しくてたまらないわけです。いままでアンダークラスのリールしか使ってこなかったので、もった時の感動もひとしお。フィッシングショーの時に聞いてきた13セルテートのどこが変わったのかをまとめメモしときます。

 

ラインローラーがマグシールド化された

cut_MAG-SEALED

(1)リールで一番酷使されるパーツがラインローラ

(2)ラインローラー部に塩ガミが起こると、回転性能の低下、巻き上げ時の違和感、異音などのトラブルが起こる

(3)ラインから伝わる情報量が大幅に低下する

(4)マグシールド化することで塩ガミの発生リスクが激減する

(5)メンテンナンスフリーとなり初期性能が永く続く

釣行後は水洗いして乾かすだけで、初期性能がずっと続くとおっしゃっていました。オイルなどによるメンテナンスも不要となるそうです。

 

マグシールドとはなにか

スクリーンショット 2013-02-08 18.25.29

(1)磁性流体という、液状磁石をつかった技術。NASA発。

(2)磁石と磁性オイルを使うことで強力な油膜ができて水の侵入を防ぐ

海水にポチャンとした場合にはダイワのアフターへ持ち込みしたほうがよいとのこと。

 

エアローターがザイオン化

cut_AIR-ROTOR

 

(1)従来セルテートは樹脂製だった

(2)樹脂製はハンドルを回した時に、ローターを回している感覚が伝わってくる

(3)ザイオン化することで超軽量化を実現

(4)巻き上げ時にローターの存在がなくなり、直接ルアーを操作している感覚を得られる

手とルアーが直結される感じとのことです。

 

ザイオンとはなにか

スクリーンショット 2013-02-08 18.34.20

(1)高密度カーボン樹脂

(2)軽い・強い・腐食しない

とりわけエアローター部については「軽い」ことが性能の向上につながっていると言われていました。

 

その他、新しいカラーリングはどんなロッドにもマッチするようにガンメタ調にしたことも言われていました。

 

実際に塩ガミさせたセルテートも巻いてみましたが、違いは歴然。あれだけ違うと私のようなド素人にもくっきりはっきり理解できます。

発売が待ち遠しいです。

 

 

 

鳥取店?ん?見に行ってくるか(*´ェ`*)ノ

 

 



よろしければコメントをお願いします。