山陰の釣り 山陰の釣り場総覧 02 鳥取県前県編

20130107172949.jpg

昨日の釣行の帰りに釣具店へ立ち寄るとブックコーナーにたくさん並んでいるのを発見。つぶさに手に取りレジへと急ぎ購入しました。

01は島根県域のポイント紹介でしたが、02で待望の鳥取県域です。漁港をはじめ地磯、沖堤防や渡船で行く磯場、島などの情報が網羅されています。ポイント毎に釣り場の俯瞰図が掲載してあり、目安となる魚種が記してあります。また地磯への道中の様子やコースなどについても書かれており、初めて行く際にも大いに役立ちそうです。
魚種についての言及はチヌやグレといった魚中心となっており、私のようなライトソルト分野の記載量は多くはありませんが、逆に言えばアジなどはベイトと潮の様子がイメージできれば良いので不便もありません。

ここのところ、デイゲームでは魚がどこにいるのかわからず困ってしまうことが多かったのですが、この本を参考に地磯へも足を運んでみようと思います。運動不足なのでハイキングを兼ねてという意味でも良いかもしれません。

まだ岩美郡エリア〜泊港あたりをざっと目を通しただけですが、多くの釣り場があること知ると同時に、先人たちが工夫して開拓してきた足跡も知ることができ感動を覚えました。ロープを渡したり橋をかけたりされた方がいたことに驚きです。

歩いて地磯に入る釣り人が年々少なくなってきているそうですが、私は是非挑戦してみたいと思いました。山陰ジオパークで自然を感じながら釣りを楽しみたいと思います。

 

 

 



よろしければコメントをお願いします。