とりあえずはじめよう!アジング初心者タックル

By: tomosang – All Rights Reserved

僕が釣りを始めたのは2012年の夏。きっかけは子どもと行ったサビキ釣りです。当時「もっと釣りたい!」という思いからネットで「アジ釣り」を検索したのですが、そこではじめて「アジング」を知ることになりました。そもそも釣り初心者の私がいきなりルアーでアジを釣ろうとするのですから「何が」「どれだけ」必要なのかさっぱり検討がつきません。

意外なことにネット上では初心者向けにまとめられている情報は少なくて困りました。専門用語が多いのも壁となりました。結局、揃えるまでに時間がかかったり、不要なものを買ってしまうはめなりました。その時の経験をまとめておけば、後々何かの役に立つかも?と思いまとめてみます。

尚、あくまで「初心者目線」です(いつまで経っても初心者ですが^^;)はじめてみてウマがあうようならそこから本格的に揃える。そういう考え方もありじゃないでしょうか。

必ず必要なもの

これがないとはじまらない。という必須アイテムは次の5つです。

  1. ロッド(竿)
  2. リール
  3. ライン(糸)
  4. ジグヘッド(オモリ+針)
  5. ワーム(擬似餌)

今やもの凄くテクニカルな領域まで語られるアジングですが。ふらっと近くの漁港に出向いて、15cm〜20cmのアジを釣るなら、釣り初心者にもお手軽な身近な釣りだと思います。気負わずお手頃な道具を揃えて初めてみるスタイルが僕的にはオススメです。ルアー釣りが性に合わないと思ったら、エサを付けてチョイ投げすることだってできますから。

 

ロッドについて

アジングでは0.5g〜3g程度の重さのルアーを使うので、ルアー負荷がその範囲内のものを選べばOKです。長さは7ft前後のもの。短めの方が取り回しが楽なのでお勧めです。釣具店などでは3,000円くらいのアジング用ロッドも売られています。もちろんそれでも釣れると思いますが、僕の経験上、夏の暑さでロッドが変形したりガイドが外れてしまったり、付けたリールが外れなくなったりといったことがあったので、少なくともロッドメーカーのものを買う方が良いと思います。

Error: Suspended
Error: Suspended

 

リールについて

ターゲットのアジは最長50cmにもなりますが、身近な漁港で狙うなら主に15cm〜20cm程度。それに併せてリールも小型のものを選びましょう。リールは重さのバランスや糸巻き量の関係で「大は小を兼ねる」とはいきません。1000番〜2000番と呼ばれるサイズのものがオススメです。釣具店のワゴンで1500〜3000円程度の糸付きリールが売られていますが、部品の一部が錆びたり、糸に巻き癖がついていてルアーが飛ばなかったりします。シマノやダイワのエントリーモデルを選んでみましょう。

Error: Suspended
Error: Suspended

 

ラインについて

今、アジング用のラインはもの凄く多くの種類が発売されていますが、共通していることは1g程度のルアーを投げるためには、なるべく細い方が良いこと、魚の反応を感じるために伸びにくい素材が良いことです。加えて、初心者向けに取り扱いの易しさも重要だと思います。ナイロンやフロロカーボン素材なら、そのままルアーを結ぶだけでOKなのでオススメです。ラインを買う時はお近くの釣具店で購入してリールに巻いてもらいましょう。(リールを持ち込んで、ラインだけ購入すれば、サービスで巻いてくれるはずです。)

Error: Suspended
Error: Suspended

 

ジグヘッドについて

ルアーといえば、魚の形をしたものを想像しますが、アジングで使うのはジグヘッドと呼ばれる、針と錘が一体化したものです。これにワームと呼ばれる小魚やエビ、虫を模したものを装着して使います。0.3gといった超軽量や5g〜の深場を探るものもありますが、最初は1g〜1.5gのものが投げてる感じや、引いてる感じを得やすいのでオススメです。良く消耗するアイテムなので近くの釣具店などでも補充しやすい身近なものを選ぶとよいでしょう。

Error: Suspended
Error: Suspended

 

ワームについて

ワームも実に多くの種類が売られていて、迷うところです。色や素材、大きさ、匂いつき、形も様々ですが、釣具店の売場でピン!と来たものを手にするくらい気軽に選んでも良いかと思います。大きさは〜2インチまで。おしりのところが真っ直ぐになっているピンテールタイプが扱いやすいと思います。釣具店で釣果実績の良いワームを紹介してもらうと良いでしょう。

Error: Suspended
Error: Suspended

 

まとめ

アジングといえば、かなりテクニカルな印象があるようにも思いますが、ハマってしまえばそれだけ奥深いということで、入門自体は揃える道具もシンプルで、ターゲットも身近な港にいたりと本当に手軽な釣りだと思います。

ひとしきり道具を揃えてみて、港に出かけてみてはいかがでしょうか?

アジングの道具さえ揃えば、メバリングやメッキ釣りもできますし、ジグヘッドにゴカイやイソメをつけてキス釣りも楽しめます。型にとらわれないで自由に楽しめるのも魅力の1つだと思います。

 

 

 



よろしければコメントをお願いします。